僕がツイッターを始めた理由

おかげさまでフォロワーさんの数が1,000という大台に届いたので、僕がtwitterを使い始めた原点について語りたいと思います。

 

僕がツイートし始めたのは2017年初めですが、最初は「定期的にtwitterでアウトプットしよう」という自分の目標として始めました。当時は毎日が同じような感じがしていたので、何か新しいことにチャレンジしたくて始めました。

 

内容は最初から英語レッスンでしたが、これは語学力が自分の強みなのと、またツイッターで英語を学習されている方は多いものの、教える側のアカウントは必ずしも高いレベルではないことに気付いたためです(信頼できるアカウントもありますが、間違った英語を教えているものも結構あります)。なので、正しくて役に立つような内容をつぶやこうと思いました。

 

とはいえ、僕には知名度もコネも何もなく、定義上では「ネイティブ」でもないので、発信しても誰も僕のツイートを読んでくれないと思っていました。10人くらいの人がフォローしてくれたらラッキー、という思いでした。

 

ところがどんどんフォロワーさんの数が増えていき、ついに1,000という数字に到達することができました。

これほど多くの方とつながることができるとは思ってもいなかったので、フォローしてくださった方には本当に感謝してます。

英語レッスンを発信している以上、それを読んでくれる人がいますとやり甲斐を感じますし、自信にもなります。

そして、何よりもtwitterで色んな方と出会えて、交流を楽しむことができてよかったです。

 

フォロワーの皆様、改めてどうもありがとうございました!

これからもよろしくお願いします。