英語力とは:はじめに

英語力の基準の現状

日本ではよくTOEICのスコア「英語力」の基準として使われます。

最近では機械翻訳ツールまで「TOEIC 〇〇〇点相当」と表現されることもあり、まるで「翻訳力」(これはまた英語力とは別です)の基準としても使われることがあるようです。 

確かにTOEICで英語のスキルをある程度測ることができますが、あくまでも一つのテストですし、その内容は英語力を全てカバーしているわけではありません。

TOEIC 990点でもネイティブレベルでコミュニケーションができるとは限りませんし、もちろん翻訳ができるとも限りません。これは英検などの他のテストに関しても同じです。

 

テストで測れない部分とは

ではTOEICなどのテストで測れない英語力とは何なのか、と考えてみましたが、考えてみると本当にたくさんの点があるので、シリーズにして少しずつ解説していきたいと思います。

このシリーズでは、各テストの妥当性という面よりも、「英語力とは何なのか」というより根本的な質問に対して、「日本人の人が第二言語として英語を習得する」という観点から、例を交えて具体的に解説してみたいと思います。