17年前のこの日:一週間後

2001年9月18日

・神奈川

まだ暑さの残る18日は、旅立ちを後押しするかのように晴れていました。

見送られた駅のホームで差していた日差しは今も鮮明に覚えています。 

 

・ロサンゼルス

ロサンゼルス国際空港(LAX)到着後はシャトルバン(乗合タクシー)で大学のキャンパスに向かいました。

まだテロ事件から一週間後で、アメリカではアラブ系やイスラム教徒の人に対する敵対心が懸念されている頃でしたが、よりによって僕のバンは白人男性(50代)、アラブ系男性(30代)、そして僕という乗客の組み合わせになりました。

嫌な予感がする中バンは進行しましたが、途中で白人男性がついに沈黙を破り、アラブ系男性に向かって「お前みたいな奴がいるから・・・」と言い始めました。

幸いアラブ系男性が冷静に受け流したおかげで状況はエスカレートしませんでしたが、このときは正直冷や冷やしましたし、「やっぱりこうなるのか。。。アラブ系の人たちは大変だろうな。。」と思いましたね。

でも、これがもし1942年のアメリカでしたら立場が逆で日本人の僕が標的になっていたことでしょうし、自分が(日本にとっては)平和な時代に生まれたことへのありがたさを感じました。

 

・当時の雰囲気

大学に着いてからはバンで経験したような緊張感はなく、その後も特に危険を感じるようなことはありませんでした。

当時の現地(大学)の雰囲気はと言いますと、むしろ温もりと一体感を感じましたね。

ちょっと上手く表現できませんが、当時はアメリカの誰もが 9.11 で同じ悲しみを感じ、そして前を向いて同じ未来を信じていた、という状況でしたし、その共通の気持ちから生まれたような一体感があったのを覚えています。

これは大学特有の環境のおかげという見方もできるかもしれませんが、振り返っても僕がいた四年間で2001年の秋は明らかに雰囲気が違いました。

その時期は対テロ戦争も始まり、メディアでは政治や宗教、戦争や愛国心などの話が多かったと思いますが、僕の日常生活ではそれらよりもただ純粋な温かさを感じました。

(ちなみに最近のアメリカは対照的にとても divided な印象を受けるので、残念に思います。)

 

最後にちょっと余談ですが、僕はこの時期と連想する曲があるのですが、Enrique Iglesiasさんの Hero という曲です。

この曲は2001年8月にリリースされたもので、テロ事件後の benefit concert でも演奏され、当時のアメリカではラジオなどでよく流れていました。なので、今でも僕はこの曲を聴くと2001年の出来事や雰囲気を思い出しますし、毎年この時期はこの曲を思い出します。