大坂選手の記者会見における誤訳

まず、全豪オープンで見事に優勝し世界ランク1位になった大坂なおみ選手をcongratulateしたいと思います。

さて、大会期間中、大坂選手の記者会見での発言が報道されましたが、大坂選手が英語で回答している動画と報道されている和訳を自分で比べてみたところ、日本のメディアでは発言が誤訳されて報道されていることに気付きました。下記に例を挙げてみます。

(※1月24日の記者会見の誤訳に関しては1月27〜28日に訂正されたようです。)

                

■ 1月24日の記者会見動画

大坂選手の回答:

“Er… well I mean, there’s a lot of Japanese reporters in here, so if you want to ask them about, you know, the drawing thing… um… but, I think for me… I don’t… like, I get why people would be upset about it 【誤訳①】… um… but then, because the person that, like, drew that is, I’m not really sure but I think he was the creator of [the manga series] Prince of Tennis, but, er… I feel like you would have to do research on it, like to see if he’s ever like done things like this before, but… I mean, to be honest I haven’t really paid too much attention to this 【誤訳②】, it’s… this is sort of the first time that anyone’s asked me questions [about this controversy], so I don’t really want to say anything wrong 【誤訳③】 at this point, and I feel like I should do my research before I answer [your question], if that’s OK.”

  • 誤訳①:「なぜ多くの人が騒いでいるのか分からない」

正しい訳*:「人の気に障るのは理解できる」

(*僕は英訳の翻訳者なので和訳は得意ではありませんが、少なくとも意味としてはこのような内容です。) 

  • 誤訳②:「この件についてはあまり関心が無い」

正しい訳:「まだこのことについてあまり考えていなかった」

  •  誤訳③:「悪く言いたくない」

正しい訳:「間違ったことは言いたくない」

                

■ 1月27日の記者会見動画

大坂選手の回答:

“… It was very difficult for me because I haven’t played a lefty in months 【誤訳④】, too, and um, she definitely came out and we both wanted to win really bad, so it was probably one of the hardest matches of my life【誤訳⑤】.”

  •  誤訳④:「私にとって左利きの選手は難しいんです」

正しい訳:「左利き選手と対戦するのは数か月ぶりでしたので」

  •  誤訳⑤:「今までで一番大変な試合だった」

正しい訳:「今までで一番大変な試合の一つだった」

                 

日本のメディアにおける翻訳のレベルの低さについては過去にも書きましたが、ここ数日の大坂選手の記者会見における誤訳は、その程度と頻度において特にすごかったと言えるでしょう(僕はほんの一部しか翻訳をチェックしていないので、もっと見ればミスが更に見つかるかもしれません)。 

尚、僕は動画で大坂選手の回答を聞きましたが、彼女の英語に問題はありませんでしたし、発音もきれいでした。誤訳を招くような要素はありませんでした。

大坂選手は一流の選手なのに、カバーしている翻訳者のレベルが低いのは残念だと思います。今後の改善が望まれます。